読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欅のみえる家から

中田明子(なかた あきこ)のブログ。心に響く短歌の備忘録。塔短歌会。〈西窓の欅の右へと日没の場所の移りて春が近づく〉

塔3月号小林幸子選歌欄評に

塔掲載歌

塔3月号小林幸子選歌欄評にとりあげていただきました。この歌は1月号の百葉集にとりあげていただいた歌でした。

眠りいるあなたの息を聞きたればふいに感じる外側ここは
/中田明子「塔」2016年1月号  

 起きている時は同じ世界にいるのに、相手が眠ったら途端に感じる取り残された感覚。愛しいはずの人であるほど、それは強い。
「あなた」がそこにいるのに、ここは「外側」。そのような時、二人の今の距離、来し方・行く末を考えてしまう。重さのある時間と空間(二人の距離感)を感じさせられた。

(評・高阪謙次さん)
 
ありがとうございました。