読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欅のみえる家から

中田明子(なかた あきこ)のブログ。心に響く短歌の備忘録。塔短歌会。〈西窓の欅の右へと日没の場所の移りて春が近づく〉

塔1月号栗木京子選歌欄評に

塔1月号栗木京子選歌欄評にとりあげていただきました。

そのたびに均してきたる感情かサラバンド聴くときにこぼるる

/中田明子「塔」2015年11月号

「感情」、しかもたびたび「均」す必要のある感情とはどんなものだろう。初句の唐突さと謎かけのようなニュアンスがもどかしいが、作者自身にも解明できない感情だからこそうたうのだと言えそうだ。「サラバンド聴く/ときにこぼるる」という句またがりが、サラバンドの少し重たく引きずる舞踏のリズムを再現しているようで心を惹かれた。

(評・山下泉さん)

 

ありがとうございました。