欅のみえる家から

中田明子(なかた あきこ)のブログ。心に響く短歌の備忘録。塔短歌会。〈西窓の欅の右へと日没の場所の移りて春が近づく〉

塔5月号作品2より

呼び方を変える過程で消えてゆくものはなんだろう呼ぶ声がする

/紫野春「塔」2017年5月号 

 

この膝をあふれてしまいそうなほど猫のからだのゆるんでおりぬ

/田村穂隆「塔」2017年5月号

 

うつすらと眠ると言ひしわが乙女わたしの耳に言葉とねむる

/千村久仁子「塔」2017年5月号

 

満月とわたしは位置を変えながらそれでも近づくことは無かった

月もいつか花火のように消えてゆくそのいつかまで川は流れる

/鈴木晴香「塔」2017年5月号 

 

その場では笑ってしまうわたくしの夜更けに捏ねている鬼瓦

/吉田恭大「塔」2017年5月号 

 

春の海青いひかりを手放して魚群の血液重たくさせる

/池田行謙「塔」2017年5月号

 

つたへても伝へても雪 耳もとにとどいたらすぐ消ゆるさだめは

/小田桐夕「塔」2017年5月号