読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欅のみえる家から

中田明子(なかた あきこ)のブログ。心に響く短歌の備忘録。塔短歌会。〈西窓の欅の右へと日没の場所の移りて春が近づく〉

塔4月号若葉集より

口元のマフラーを少し湿らせて昨日のわたしを追い越してゆく

/魚谷真梨子「塔」2017年4月号 

ふかぶかと巻いたマフラーを吐く息に湿らせながら、主体はなにかを考えている。あるいはなにかを決意しようとている。そうして昨日の自分を乗り越え、昨日の自分よりも一歩先にいこうとする。日付があらたまることで昨日のわたしを追い越せるのではない。そこに意志があるから追い越せるのだ。

 

赤や黄のあぶらゑのぐに汚れつつ画架古りゆきぬ重なりながら

/岡部かずみ「塔」2017年4月号

「あぶらゑのぐ」という旧かな表記は「油絵具」とはまたちがった味わいで、絵の具を使ったひとびとのなまなましい指をも思わせる。画架に焦点をあてつつ、一首からはこれまでここで絵を描いたであろうひとびとの息遣いや、つみ重ねられてきた時間の厚みがみえてくる。

 

感情は水分を多く含むため気圧の変化で溢れだします

/紫野春「塔」2017年4月号

感情は人間そのもの。人間の体の6割を構成する水は感情を構成するものでもある、といえるだろうか。そういえば情にもろいことをウェットという。