読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欅のみえる家から

中田明子(なかた あきこ)のブログ。心に響く短歌の備忘録。塔短歌会。〈西窓の欅の右へと日没の場所の移りて春が近づく〉

塔12月号若葉集評に

塔12月号若葉集評にとりあげていただきました。

ひかり射す角度が色となることの今わたりゆく日盛りの橋
/中田明子「塔」2015年10月号

「ひかり射す角度が色となる」という色合いの風景を、多くの人は見たことがあるだろう。その風合いは色であって色ではないから、言い表すことはおろか、記憶に留めることさえ難しい。ある色調の画の中に自分が入っていくさまを詠んだような、俯瞰の視点と体感の一体化が印象深い。

(評・森颯子さん)

  

ありがとうございました。